ヤフオクは通常では3枚しか画像をアップできませんがHTMLタグ入力にする事で追加掲載可能となります。

便利ツールを活用してヤフオクに写真をたくさん掲載する

MENU

写真をいっぱい掲載する

ヤフオクで車をより高く売るためには、より細かく車の情報を掲載する事が有効です。

 

そこで重要になってくるのが、車の画像です。
外装の状態やカスタム状況・整備手帳などアピールポイントや傷などのマイナスポイントしっかり画像で掲載する事で、買い手側に検討しやすい環境を提供して売れやすくなります

 

文面で車の情報を細かく書く事も大切ですが、傷がある場合はアップ画像や走行距離をメーターの写真で伝えるなどすると信ぴょう性が増して信頼できる出品者だというアピールになります。

 

 

 

ヤフオクの基本機能では画像は3枚までしかアップできない

ヤフオクで通常画像をアップできるのは3枚までと決まっています。

車の写真

 

3枚までしか画像が載せられないと掲載できる写真は限られ、主に前・横・後ろからのアングルの全体写真で終わってしまいます。

 

車以外の小物などでの出品であれば3枚の画像で充分と言えますが、車の場合はより多くの画像をアップするのが理想となります。

 

 

 

 

ヤフオクで画像をたくさん掲載する方法

 

ヤフオクの通常のシステムでは画像は3枚しかアップできませんが、ちょっとした小ワザを使うとより多くの写真を掲載する事ができます。

パソコンのバナー

 

その方法はヤフオク出品時に説明文の入力で「通常入力」と「HTMLタグ入力」を選ぶ事ができるのですが、「HTMLタグ入力」を選択して画像表示タグを利用する事で説明文上で多くの画像を掲載する事が可能となります。

 

HTMLと聞くとネットのシステム構築をするスキルが必要と思われる方もいると思いますが、ヤフオク出品用の便利ツールを活用すればHTMLの知識がない方でも簡単に画像を複数枚アップする事ができます

 

便利ツールは無料で利用できるものも多く、ネット検索をすると多くのツールが出てきます。

 

 
一部オススメツールを紹介

 

画像プラス.COM

完全無料登録不要でHTML自動生成をしてくれて簡単にヤフオクに画像をアップできます。ヤフオク向けのサービスですので、わかりやすく解説されています。

フォトアップ

ヤフオクの商品説明文で画像掲載も含めた内容を簡単に作成できます。
ヤフオクでの商品説明向けのサービスで非常に使い勝手が良いです。

 

この他にも多数のヤフオク画像掲載向けの無料ツールがありますので、色々検索して調べて見るとよいでしょう。

 

こういったツールはYAHOOとは関係のない一般サイトになりますので、トラブルなどの責任は全て自己責任になる事だけ認識しておきましょう。
現状はこういった画像掲載ツールでのトラブル例はほとんどありません。

 

 

HP・ブログ

Twitter

などを活用する

画像掲載ツールを利用して多くの画像をアップする事もできますが、自分でHPやレンタルサーバーなどを持っている場合は、画像が掲載されたURLを活用してHTMLタグを付ける事も可能となります。

 

こういったHTMLタグを利用しなくてもブログやTwitterアカウントを晒す事に抵抗がなければ、商品説明を通常入力を選択しても動画が掲載されているブログなどのURLを記載する事で、商品ページを見てくれた人に画像を多数紹介する事ができます。

 

買い手側は他のサイトに飛ぶ事などは重要ではなく、しっかり画像を細かく確認できる事を求めていますので、やり方はどのような形でも構いません。
興味を持った人が画像をたくさん確認できる環境を作っておく事が大切となります。

 

 

 

 

オススメの車紹介画像

  • 正面全体画像
  • 右側面全体画像
  • 左側面全体画像
  • 後方全体画像
  • 外装の傷がある場合の拡大画像
  • ホイールなど社外品パーツを装着している場合はその全体画像
  • 内装全体画像(ハッチバックやトランク側から撮るなど)
  • 運転席周辺拡大画像
  • メーター拡大画像(走行距離等)
  • カーナビ拡大画像(可能であれば型番が分かる画像だと尚良いです。)
  • 内装の汚れがある場合の拡大画像
  • 取り扱い説明書・整備手帳などがある場合はその画像
  • ポリマーの施工証明書・カーナビなどオプション品の保証書・説明書がある場合はその画像
  • その他オプション品の拡大画像

 

この他にも、良い意味でも悪い意味でも車の状態をより細かく画像で伝える事で買い手側の信頼を得る事となり、入札検討者が増えて、落札後のクレーム回避にも繋がります