一時抹消渡しで受け渡し後は安心の取引ができるようになります。

車を一時抹消するメリットとデメリット

MENU

一時抹消登録をしてから売る

困る女性のバナー

 

ヤフオクで車を売る場合に大きなネックになるのが名義変更です。

 

個人売買のヤフオクでは、落札者が期限通りに名義変更を行ってもらえないリスクが伴ってきます。
そこで一つの選択肢となるのが、車の一時抹消をして陸送や仮ナンバー取得で車を受け渡すという方法です。

 

 

一時抹消とは

通常、車は車検残に関わらずナンバープレートと車検証が交付された状態にあります。

 

車の名義人が落札者になっている状態では受け渡しの際に冒頭で説明したリスクが伴いますが、一時抹消を行う事で受け渡し後は全て落札者の責任となります。

 

一時抹消とは、ナンバープレートを陸運局に返納して、再び申請すればナンバープレートと車検証を発行できる状態にする物で、比較的簡単に手続きができます。

 

 
一時抹消の方法

 

必要な物は、車検証ナンバープレート前後2枚車所有者の実印印鑑証明印紙代(通常500円ほど)となります。車の所有者以外が手続きを行う場合は、委任状に実印を捺印したものを用意すれば代行可能となります。

 

現住所と車検証の住所が違う場合は住民票や謄本など、車検証住所と現住所を繋げる公的書類が必要です。通常、住民票を取得すれば前住所が記載されているので、引越しが1回の場合はそれで対応可能となりますが、2回以上引越しをして住所が変わっている場合は戸籍謄本が必要となります。

 

車購入時にローンを組んで所有者が信販会社になっている場合は、残債がない事を条件に所有権留保の書類を信販会社から発行してもらう事が可能です。

 

手続きはそれほど難しくなく、陸運局の窓口で申請方法を教えてもらえば充分に自分で申請書類を作れますが、所有者が信販会社だったり手続きが複雑な場合は、陸運局に隣接している行政書士の代行事務所で1,000円~2,000円程度の手数料で書類を作ってもらう事も可能となります。

 
 
ナンバープレートの封印を壊す

 

封印のバナー

軽自動車以外には、ナンバープレートの盗難防止で後ろ側のナンバープレートに封印とよばれる、キャップのような物が取り付けられています。

 

一時抹消でナンバーを抹消する際は封印を壊す必要があり、マイナスドライバーひとつで簡単に壊す事ができます

 

一時抹消は車を持ち込む必要はなく、ナンバーを返納すると、その車両は公道を走れなくなるので、事前にナンバーを外して、他の車や交通手段で陸運局に行く必要があります。

 
 
車検が残っている場合

 

車検が残っている状態で抹消登録をすると、重量税が還付されますので、申請用紙に重量税が還付される口座を記入する必要があります。

 

抹消後には自賠責保険の還付もできますので、損保会社に還付の申請用紙をもらって還付申請をする事もできます。

 

 

 

 

一時抹消した車両の受け渡し方法

一時抹消された車両はナンバープレートがありませんので、陸送業者を使い車両積載トラック(通称:ローダー)で運んでもらうか、役所に申請するなどして仮ナンバーを発行して運ぶ事が必要になります。

 

通常ナンバープレートがない車両は買い手側が輸送方法を手配するのが一般的ですが、陸送で運んでほしいと指示される事も多いです。
この場合は買い手側で陸送業者を用意してもらえない場合は自分で手配をする事が必要です。

 

陸送業者に直接問い合わせるか、近所の車業者に相談すると良いでしょう。

 

 

 

 

一時抹消をするリスク

ヤフオクで車を売る場合、ナンバープレートがない一時抹消された車両ですと、運送方法がネックとなり買い手が業者などに限られるリスクがあります。
ナンバーも車検も残っていて、自走で走って帰れる条件の方が買い手がつきやすい傾向もあります。

 

ただし、一時抹消してしまえば、例えすぐに買い手がつかなくても自動車税がかからなくなるなどのメリットもあります。

 

 

 

 

ナンバー付きで車両を渡す時のルール

ヤフオクでナンバー付きで車両を渡す際には、名義変更預かり金としてお金をいくらか預かっておくのが一般的なルールとなっています。

 

相場は3万円ほどで、後日落札者が名義変更をしたら新しい車検証をFAXや写真でメールするなどして確認が取れたら預かり金は振込などで返金するというルールです。
この預かり金ルールはヤフオク内でも浸透しているので、買い手側がネックとなる事は少ないです。